撥水加工したもの

色使い

風呂敷は、撥水加工したものが便利です。
材質がちりめんなどの絹製品であることが多く、汚れても洗濯できない物もあります。

本来、贈り物やお土産、衣類など昔のカバンの役割をするものであり、汚れやすいものではあります。
昔は綿の物も多く使われていましたが、今の風呂敷は実用的な感じのなかに、刺繍などのおしゃれな要素が
入っている物が多いので、いつまでもきれいに使いたいものです。

そのような絹製品をじゃぶじゃぶ水で洗ってしまうと、半分くらいに縮んでしまいます。
雨に濡れることも同じことです。
撥水加工がされていると、水はもちろん汚れも防いでくれますので一石二鳥です。

ふつうの加工されてないものならば、ホームセンターなどで撥水スプレーを購入して、家庭で加工処理することができます。
最近はどんなものでも包むことができて、日本文化の継承にもつながる風呂敷が見直されています。

自分なりの使い方や包み方を工夫して楽しむことをおすすめします。