風呂敷でリュックを作る方法

色使い

ぺらぺらの風呂敷を立体的なリュックにするためには、風呂敷を二枚使って
肩掛け紐部分と本体の二つを作っていきます。

まずリュックの肩紐部分に使用する風呂敷は、自分の正面にひし形にしておいて
表側が下になるようにしましょう。

手前の角を半分の位置まで谷折で折り返し、反対側の奥の角も同じように折り返します。

もう一度同じように中心に向かって折り返し、最期に半分に折り返せば
肩紐部分が完成します。

もう一枚同じくらいの大きさの風呂敷をリュックの本体部分に使用します。
先ほどと同じように表を下にしてひし形におき、手前と奥の角同士を一度結びます。

そこに先ほど作った肩紐部分の真ん中を載せて型結びをします。
次に肩紐部分の端と本体部分の端を型結びし、反対側も同じように結びます。

そうすると腕を通す部分が出来て風呂敷リュックの完成です。
柄や色を工夫する事でスタイリッシュな雰囲気にする事もできるため、
旅行や災害時など幅広い用途で活用できるリュックを作ることが可能です。