クランク

色使い

風呂敷を使ったほんの包み方は非常に簡単です。
誰でも出来る包み方は、風呂敷の中央に本を置いて四方を順番にたたんでいく方法です。

この方法ならば本よりも風呂敷が大きければ適当に包んでも
手に持って運ぶことが可能です。

両手で持つのは嫌だという人におすすめなのは、バッグのように本を抱えられる包み方です。

この場合は本を風呂敷の中央にナナメになるように置き、手前側を上向きにかぶせて
三角形を作ります。

その後両端を真結びにして結んでいない二枚を持ちましょう。
そこで一度だけしっかりと結んだら結んだ両側を捻って輪を作り、
真結びを行い持ち手部分を作ります。

そうするとバッグを持っているときと同じように風呂敷を持つことが出来るため、
どのような大きさや重さの本でも簡単に持ち運びが出来るようになります。

大きさに余裕があれば複数でも同時に包むことが出来るので、
長時間の移動にもおすすめです。

柄や色を意識すれば、古臭さを全く感じさせずおしゃれな包み方になるでしょう。