空気入れ

色使い

伝統の布製品として親しまれる風呂敷と手ぬぐい

風呂敷と手ぬぐいは、どちらも日本伝統の布製品として親しまれています。
手触りが良い木綿の生地が使われることが多く、素材の質感と模様の美しさも特徴です。

風呂敷は引き出物などを包むために多用されるもので、冠婚葬祭においても
欠かせないものでした。

現在でも愛用する人が多く、家庭に欠かせない用品としての地位を保っています。
お祭りで登場する獅子舞や、泥棒が荷物を運ぶために使うイメージもあります。

獅子舞には実際に使われますが、本物の泥棒が風呂敷を使うわけではありません。
あくまでも時代劇などのイメージによるものです。

手ぬぐいは、ほっかむりにして使うこともある道具です。
現代のタオルに相当するもので、江戸時代から長く愛用されています。

引っ越しの挨拶のときには、手ぬぐいを近所に配る風習が残っています。
最近ではタオルを使う場合も増えていますが、手ぬぐいのデザインや質感を好む人も
少なくありません。

現在でも企業や商店が広告も兼ねて配ることがあります。