風呂敷がクッションカバーに早変わり

色使い

風呂敷は大判で正方形に近い形の布ですから、物を包んだり持ち運んだりするには
重宝され、贈り物をするときもむきだしのまま物を渡すより
風呂敷に包んで持っていけば風情があって見た目も良いでしょう。

そのため、風呂敷には様々な用途に合うように、鮮やかなデザインや、
シンプルなデザインのものなど幅広いデザインになっています。

使用しないときは、家にあるクッションを包んでクッションカバーに
アレンジすることができます。

針と糸を使って縫わなくても、大判ですからクッションの裏側で
風呂敷の端と端を結べば、簡単にクッションカバーとしての役目を
果たしてくれます。

柄も美しいものから鮮やかなものまで揃っているので、
季節や気分によってクッションカバーを変えると部屋の印象も異なってきます。

以前は風呂敷は絹と綿で作られていましたが、現在はそれに加えて
レーヨンやポリエステルが使われているので、汚れても丸洗いができるほど
丈夫になっています。