風呂敷は用途がたくさんあります 


昔のように風呂敷を使っている人が現在では限られた人しか見かけなくなりましたが、
実は、用途がたくさんあります。

たとえば、大きくてバックには入りきれないものでも、大きめの風呂敷なら
形に合わせて包み込むようにできます。

この時に、まっすぐに包みたいと思う中身の場合でも、安心して包むことが
出来るのが特徴です。

また、お酒やワインなどのびん類でも、風呂敷で包めばしっかりと固定が出来るので、
扱いも安心できます。

さらに、風呂敷の結び方をちょっとアレンジしてみると子供のリュックに出来ます。

軽いので、幼い子供でも背中になじみやすいメリットがあります。
他には、大人では肩に掛けるバックにしたりする結び方があるので、
荷物が増えてしまった時のエコバッグの用途としてもとても便利です。

このように、風呂敷はアレンジ次第で用途がかなり広がるので、
買い物の際にも一枚持っておくと有効利用が出来ますし、
使わない時には、折りたたんでおけばコンパクトに持ち歩けるので
とても便利な使い方が出来ます。